学校の部活動で外部コーチと契約

今日、多くの学校が部活動で外部コーチと契約しています。特に、関東近郊の運動部では大変多くの学校が契約しています。コーチと契約する必要は本当にあるのでしょうか。例えば、サッカー部の場合を考えてみましょう。顧問の先生は確かにその先生が高校時代にサッカーをやったことがあるかもしれません。しかし、そのような先生がそのチームを強くすることができるでしょうか。多くの場合、技術面で生徒が指導者を超えることはないでしょう。しかし、外部コーチと契約すれば、そのコーチによって指導がなされ、よりチームの技術力の向上が見込まれるでしょう。

部活で青春を謳歌しよう

ほとんどの中学や高校では、授業が終わった放課後の課外活動として部活動を行っています。学校内の教室や体育館、校庭を使用し、顧問の先生の指導の元、文化部や運動部などのさまざまな活動があります。それぞれの部が週一回から多い部ではほとんど毎日練習等を実施しています。塾等にも行かなければならない中、生徒にとっては体力的にも大変ですが、部活は大会などに向けて一緒に練習することによって生徒同士の連帯感を強め、仲間同士切磋琢磨するよい機会です。学校を卒業して何年も経っても中高時代に一緒にがんばった思い出に花が咲く、一生忘れられない体験となるでしょう。

↑PAGE TOP