学校の部活の顧問とは

学校によって部活の数は異なりますが、中にはインターハイなど大きな大会への出場経験があるところもあり、高校になりますと好きなスポーツを極めるために入りたいという理由で、他県から入学する生徒も少なくはないです。部活には大抵顧問が1~2人おり、運動経験があればその種目の部へと付くようになります。活動内容によって結果がでて大きな大会へと出場経験があれば実績があり、学校によっては名前が知られるきっかけにもなり、入学希望する生徒も集まってきて、他校へと移動するまでの間はずっと顧問のままで定着するようになるのです。

部活のなかで見つけるものは

小学校高学年から部活というものがありますね。週1のものからほぼ年間を通して休みなしのものまで。公立の学校の場合は顧問も教師にゆだねられることがほとんどで多忙な中、先生たちは土日も返上して生徒たちに寄りそってくださっています。部活は自分のやりたいことをやるというのが基本で、技術の向上もうれしいですし、仲間が出来る喜びがあります。そしてそれが将来の仕事につながったり、一生の友を得たりもします。保護者も、子どもが活動をするのに伴い費用も掛かりますし大変ですが、成長していくのを見る喜びもあるでしょう。がんばってみませんか。そして何かをみつけてみませんか。

↑PAGE TOP